女子にモテる男子が会社にもモテる3つの理由

女子にモテる男子が会社にもモテる3つの理由

女子にモテる男性は、会社にもモテる、という事実をご存知ですか?
女性関係と仕事の良し悪しは、実は密接に関わっているんです。

 

かといって、自分はモテないから仕事もダメなのかと落ち込まなくても大丈夫!
会社と女性にモテるコツを押さえて、仕事も恋も充実させてしまいましょう!

 

 

会社にモテるとは?

 

女子にモテるというのがどんなことかは誰でも想像がつきますよね。

では、会社にモテるとは?

 

具体的にいうと、会社や上司に信頼され、責任ある仕事を任されることや、自身の独自の立ち位置を確立していることだといえるでしょう。

では女子と会社の両方にモテる理由とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

 

自分を売り込む力がある

 

女性に自分自身をアピールするのは、商品や企画を売り込むのと同じこと。
女性にモテる人は、プライベートでも仕事と同じような行動を自然にとっているのです。

 

上司や同僚に対しても自分を売り込むことができるので、仕事を円滑に進めていくうえでも大きなアドバンテージをもつこととなります。

 

また、恋愛でも仕事でも、ときには押しの強さも必要になります。
ここぞというときの押しのスキルが、女性と会社からのモテを左右するのです。

 

マメである

 

商談のあとにお礼のメールがすぐに戻ってきたら好感度が高いですよね。
それと全く同じように、女性への連絡をすぐに返すようなマメな男性は、女性にモテる行動を自然にとっているといえるでしょう。

 

すぐに連絡が返ってくることや、相手の希望を先回りするマメな行動は、相手に誠実だと思われることにつながります。

 

女性は誠実な男性を好きになるもの。
仕事でも恋愛でも、マメであることがモテに直結するのだといえます。

 

 

相手の気持ちを考えることができる

 

恋愛とは、最大の人生経験。
1対1で自分のすべてをさらけ出した先にしか見えない経験を、女性にモテる男は数限りなく積み重ねています。

 

恋愛で磨かれるのは、つまるところ相手の気持ちを考えるスキルです。
仕事でも恋愛でも、相手の求めるものがなにかを考えるのは、もっとも要求されること。

 

たとえば恋愛なら、デートコースやプレゼント。
仕事なら、上司が欲している業務を先回りして行うことは、信頼へのいちばんの近道ですよね。

 

仕事も恋愛も、言ってしまえば人間関係の1つの形です。
相手の気持ちを考えることは、会社からも女性からもモテるために、最も要求されることかもしれません。

 

 

仕事を切り口に女性にモテるのもアリ?

 

もし女性にモテていなかったとしても、落ち込む必要はありません。
これら3つの理由は、女性と仕事、どちらにも共通すること。

 

逆に、仕事を切り口にして自分の魅力を磨き、女性にモテてしまいましょう。
仕事がデキる男に、女性は自然と惹かれていくもの。

 

仕事と女性の相乗効果で、あなたの魅力はどんどん磨き上げられていくのです。

もしこの記事を気に入ってもらえたら、共有をお願いします!

その他のお役立ち情報

Useful information

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

年収UPに必要なのは自分の強みを把握すること。 まわりを見渡してください。社内で給料が高い人は、自分の強みを活かしたアウ …続きはこちら

社会人になってから出会いが減った。そんなときに使ってみたい恋活サービス!

社会人になってから出会いが減った。そんなときに使ってみたい恋活サービス!

社会人になるとどうしても平日は自宅と会社の往復の毎日になりがち。 休日はと言えば、「家でゆっくりと休んで勤労疲れを癒した …続きはこちら

退職したら手続きするべき3つのこと

退職したら手続きするべき3つのこと

今までお世話になった会社を退職する日。 引継ぎや挨拶まわり、自席やロッカー周りの清掃は済みましたか?清掃をしながら、職場 …続きはこちら

職場恋愛 大惨事にならないために気を付けるべき3つのこと

職場恋愛 大惨事にならないために気を付けるべき3つのこと

どれだけ相手のことが好きだとしても、どうしてもリスクが伴ってしまうのが職場恋愛。この記事では、職場恋愛について失敗しない …続きはこちら

転職するなら知っておくべき5つの基礎知識

転職するなら知っておくべき5つの基礎知識

転職活動を始める前に事前準備は欠かせません。行き当たりばったりにならないためにも、転職活動の一連の流れを踏まえたうえで、 …続きはこちら

お役立ち情報の一覧を見る

おすすめのインタビュー

Others

インタビューの一覧を見る
Copyright © Minimum Happiness. All Rights Reserved.