松永 健太

「ウチの夫、ここのパンは食べるのよね」と言われる瞬間

Boulangerie BASSE

松永 健太さん

あなたのミニハピを教えて

クタクタに疲れても

一日一日が充実している

 

毎日だいたい朝5時半に起きて、7時には店で生地づくりなどの仕込みを始めます。スタッフは僕とアルバイトのふたり体制。お昼から夕方までは「焼き」の作業が続くので、閉店時間まで休む暇がないときも多いですね。1日が終わるとクタクタですが、充実感はあります。

 

味に飽きが来ないように、ちょっとした驚きがあるように。素材の組み合わせにはこだわっています。パンの味をストレートに褒められるのもうれしいですが、「パン好きじゃなかった夫が、なぜかここのパンだけは食べるのよね」「最近、ウチの子がパン好きになっちゃって」と言われたりするときはぐっと来ますね。

 

 

matsunaga_02

 

 

 

 

「パンは粉とオーブンさえあれば焼けるんだ」と思った

 

じつは、数年前までバンド活動ひと筋だったんです。まさか自分がパン屋さんを開いて、毎日パン生地をこねることになるなんて、予想もしていませんでした。

 

この道に入ったきっかけは、振り返ってみると2011年の東日本大震災。叔父と叔母が近くで昔ながらのパン屋さんをやっていたんですが、震災直後にコンビニからパンが消えたせいで、商品が飛ぶように売れたんです。

そのとき、僕がたまたまお店を手伝っていたんですが、もう、勢いがすごかった。「パンは粉とオーブンさえあれば焼けるんだ」と気づいた瞬間でもありました。

 

それを機に、音楽を続けながらお店で定期的に手伝い始めたんです。店に出ながら、生地づくりを見よう見まねで学ぶうちに「パンづくりって面白いなあ」と思うようになりました。1年が過ぎた頃、自分でも店をやってみたいという気持ちが少しずつ芽生えてきて。それで一念発起して、別の店で師匠についてみっちり修行したんです。

 

もともとカフェやライブハウスで働いていた経験があって、接客の点ではそんなに不安はなかったので「よし、思い切ってやってみよう」と。半年くらいの準備期間を経て、2013年にお店をオープンしました。

 

matsunaga_03

 

 

 

いつのまにか、パン作りが人生の一部になっていた

 

ただ、開店したあとに「やっぱり店を開くには2、3年の修行は必要だ」と実感しましたね。パンの生地づくりにおいて、一番ものをいうのは、経験なんです。

 

例えば、湿度や温度はその日によって違うので、少しずつ工程や水の温度、発酵時間を変えないといけない。そこは、どうしても微妙な判断が必要になるので、知識だけがあってもダメなんです。

 

僕は結局、毎日「ああでもない、こうでもない」とうんうん苦しみながら、必死で体で覚えました。

レシピを増やすのにも、結構時間をかけました。僕のやり方は単純といえば単純です。まず、足を使っていろんなパン屋を回って、とにかくたくさん食べ歩く。それで「これはおいしいな」と思ったパンをお手本に、自分が使っている粉と具材で、似たものを作ってみるんです。

 

僕はつい音楽に例えたくなるんですが、これって「アマチュアバンドが好きなバンドのコピー演奏から始める」のと同じなんですよね(笑)。オリジナルをつくりたかったら、まずコピーから始めようと。

もちろんそれだけだとただの真似事にすぎないので「この素材をこうすれば、もっとおいしくなるんじゃないかな」と自分なりに何度も工夫を重ねていって、オリジナル商品を増やしていった。

 

今、人気商品になっている「くるみこしあんクリームチーズ」は、そうやってつくり上げたレシピのひとつです。

オープンしてじきに3年ですが、徐々に軌道に乗ってきてはいます。今はパンを焼くかたわら、合間を見つけて、バンドのリハーサルやライブ活動に行く日々です。

肉体的には大変ですが、互いにいい影響を与え合ってwいると思うので、どちらもずっと続けていきたい。当初は「音楽以外で何か手に職を」という気持ちでこの道を選んだ部分もあったんですが、いつのまにかパン作りが自分の人生の一部になっている。この仕事を辞めることは、もはや考えられないですね。

 

 

matsunaga_04

インタビュー 福島 奈美子  / 撮影 廣瀬 育子

松永 健太
No.85

Boulangerie BASSE

店長

松永 健太さん

Boulangerie BASSE店長。東京都葛飾区出身。理系の大学を卒業したのちに、ライブハウスなどで働きながら、バンドでの音楽活動を続ける。2011年、叔父と叔母が経営する店を手伝ったのがきっかけで、パン職人の道へ。2013年に江戸川区小岩に店をオープン。パンと音楽をこよなく愛する29歳。

 

「Boulangerie BASSE (ブーランジェリー・バース)」
住所:東京都江戸川区南小岩6-31-27
電話:03-3658-2244
営業時間: 11:00~20:00
定休日:木曜

もしこの記事を気に入ってもらえたら、共有をお願いします!

おすすめのインタビュー

Others

インタビューの一覧を見る

お役立ち情報

Useful information

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

年収UPに必要なのは自分の強みを把握すること。 まわりを見渡してください。社内で給料が高い人は、自分の強みを活かしたアウ …続きはこちら

デキる男はネクタイの締め方にもこだわる

デキる男はネクタイの締め方にもこだわる

あなたは適当にネクタイを締めていませんか。日本には、とりあえずビジネスの場でネクタイを締めてさえいれば良いという風潮があ …続きはこちら

できない飲み会幹事にならない為に気をつけるべき3つのこと

できない飲み会幹事にならない為に気をつけるべき3つのこと

会社の飲み会の幹事を任された! 店選びはどうしよう?会費はいつ集める? そんな時、あなたが「できない幹事」となってしまわ …続きはこちら

ざっと知りたい!転職活動をはじめてから働きはじめるまでにやるべきこと 〜準備編〜

ざっと知りたい!転職活動をはじめてから働きはじめるまでにやるべきこと 〜準備編〜

そろそろ私も転職かな、と思っている皆様。転職活動をスタートさせてから実際に転職先で勤め始めるまで、一体どんなことをしてい …続きはこちら

僕の転活レポート。転職するまでの3ステップ

僕の転活レポート。転職するまでの3ステップ

僕が実際に転職活動をした中で特に重要だと感じたことを3ステップにまとめてみました。これから転職をしようという方はぜひ参考 …続きはこちら

お役立ち情報の一覧を見る

Copyright © Minimum Happiness. All Rights Reserved.