太田 絢子

ストイックなスタッフと仕事をやりきった瞬間

ヘアメイク

太田 絢子さん

あなたのミニハピを教えて

「やってもいいですか?」という突然のオーダー

 

あるアーティストのPV撮影の現場にヘアメイクとして入ったときです。監督が突然、「僕、この水槽に俳優さんの顔を突っ込みたいんですけど、やってもいいですか? 無理ならいいですけど」って言い出しました。

現場に鯉が泳ぐ水槽があったんです。

 

その日はまだ撮影予定のカットが残っていて、日没までのタイムリミットを考えて、髪を乾かしたり、セットしたりする時間を考慮すると、正直「え!(笑)できるかな?」という感じでした。

 

でも私の解答は「やるならやりましょう」。その監督とは長い付き合いで、この人は無茶なオーダーをする人と知っていたので、心構えはできていました。俳優さんも快くOKしてくれて、現場はスタッフが一丸となって作品をよくしようという雰囲気に包まれました。その監督は無茶はするけれど、できあがった作品はすごくいい。「ああ、あそこで無茶してよかったんだ」と思えるものを残してくれます。私も監督の無茶ぶりには「よし、来たな」という感じで熱が入ります。職人気質なので、そういうストイックな現場に入って作品を作り上げていくことが楽しいんですよね。

 

 

_DSC8192

 

 

アートを学校で習うという違和感

 

ファッションやデザイン、芸術などに興味があり、高校卒業後の進路を考えたときに、芸術系の学校という選択肢もあったのですが、クリエーターには芸術系の学校出身が多いので、実際自分がクリエーターになった際にその人達との差別化をしたいという考えがありました。当時知り合いのデザイナーさんから「大学に行って、知識を増やしてから専門学校に行ってもいいんじゃない?」ってアドバイスを受けて、だったら芸術の本質は真理の追究だと思って大学の哲学科に入りました。

 

大学に進学してからビル清掃のアルバイトを始めました。するとそこにヘアメイクのアシスタントをやっている方がいたんです。ちょうどヘアメイクも進路の選択肢にあがっていたところでの出会い。そして大学4年になり進路に迷って、その方に相談したら、スクールを紹介してもらえることになって、それが業界への第一歩になりました。

 

大学を卒業してスクールに通い始め、4ヵ月経った頃に師匠に出会い、それから3年間アシスタント活動です。アシスタント時代は収入が安定しないので、引き続きビル清掃のアルバイトをしていました。ゴンドラに乗って窓を拭いていましたよ。あとはキャバクラのヘアセットのアルバイトもやりましたね。キャバクラに行って10人くらいまとめてヘアを作ったことも。

 

 

_DSC7969

 

 

苦手なことや欠点を克服するのが好き

 

アシスタント時代に師匠からよく「太田はヘアメイクになるタイプの人間とは別のタイプ。なんとかしないとこの業界に受け入れられないと思うよ」って言われたんです。当時は言われていることがわからず、きょとんとしていたんですけど(笑)、独立してから「本当だ!」って思いましたね。

 

ヘアメイクっていい意味で広く浅く付き合っていける能力が必要なんです。学校とかで目立つグループにいるような感じというか。私はどちらかというと自分の世界まっしぐら系でした。どちらかというと、狭く深くみたいな(笑)。そこは直すよう努めましたね。

 

そういう自分の変化も楽しいです。もともと苦手なことや欠点を克服するのが好きなんです。中学時代は球技と団体が苦手だったので、「バレー部に入る!」みたいな子でした(笑)。

 

 

_DSC8187

 

 

広がっていくつながり、新しい出会い

 

この仕事はとにかくいろんな方に会えるのが魅力です。普通に暮らしていたら話すことがないような全然違うタイプの人と仲よくなることもあります。アーティストで飲み友達になった子もいますしね。そういう縁は大切にしています。

 

もちろん、へこむこともあります。そんなときはお酒を飲んで楽観的になります。気持ちの切り替えって大事だなと思いますね。じゃないとフリーランスの不安定な状況に潰されちゃう(笑)。

 

今年でなんやかんやで9年目になりました。継続は力なり。技術もそうですけど、人間的にも成長はしてきてはいると思うので、やってきてよかったなと思います。何より好きなことを仕事にできていることは幸せなことだなと感じています。「好きじゃないとやってられん!」って思うこともありますけど(笑)。

 

_DSC8166

インタビュー トグチダ  / 撮影 北原千恵美

太田 絢子
No.080

ヘアメイク

太田 絢子さん

高校時代からデザインやファッショに興味があったが、専門学校には行かず、芸術の本質を学ぶために大学の哲学科に進学。やがてヘアメイクに興味を持つようになる。アルバイト先でヘアメイクのアシスタントに出会い、スクールを紹介してもらう。その後、アシスタントとして3年間従事し、独立。雑誌、ファッションショー、PVなど幅広いジャンルで活躍中。

もしこの記事を気に入ってもらえたら、共有をお願いします!

おすすめのインタビュー

Others

インタビューの一覧を見る

お役立ち情報

Useful information

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

年収UPに必要なのは自分の強みを把握すること。 まわりを見渡してください。社内で給料が高い人は、自分の強みを活かしたアウ …続きはこちら

人脈ゼロ、25歳(無職)。こんな僕でも助成金をもらえる(…はず)

人脈ゼロ、25歳(無職)。こんな僕でも助成金をもらえる(…はず)

助成金とはどのようなものなのでしょうか。 助成金と補助金はどちらも国や地方から支給されるもので、「返済の義務なし」という …続きはこちら

社会人になってからの合コンで気をつけたい5つのこと

社会人になってからの合コンで気をつけたい5つのこと

学生の頃と違い、社会人になると出会いの場が限られてきます。社内恋愛は色々と面倒が多いですし、職場によっては、そもそも女性 …続きはこちら

職場恋愛 大惨事にならないために気を付けるべき3つのこと

職場恋愛 大惨事にならないために気を付けるべき3つのこと

どれだけ相手のことが好きだとしても、どうしてもリスクが伴ってしまうのが職場恋愛。この記事では、職場恋愛について失敗しない …続きはこちら

「はじめての転職エージェントは3つ以上使え!」

「はじめての転職エージェントは3つ以上使え!」

なぜ転職エージェントを3つ以上利用するのが良いのか、主な理由を挙げて紹介します。   1 エージェント会社ごと …続きはこちら

お役立ち情報の一覧を見る

Copyright © Minimum Happiness. All Rights Reserved.