渡邊 昌紀

取引先で「やっぱり力持ちだね」と言われた瞬間

リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)

渡邊 昌紀さん

あなたのミニハピを教えて

それぞれの持ち味を生かしたチームプレーこそ
ラグビーの醍醐味
全員でボールを繋いでのトライは、
最高に大きな喜び。

 

「力」対「力」はラグビーの魅力だと思いますが、フォワードとバックスが一体となったサインプレーもぜひ注目してほしい見どころです。

 

というのも、レベルの高いトップリーグにおいて1on1で相手を抜いてトライをすることは至難の業。だからこそサインプレーを駆使することで、ラインを突破できたり数的に優位に攻撃することが可能になります。“デコイ”といって、おとりのダミーランナーとして走るときがあるんですけど、それに相手がひっかかったときは“ニヤリ”ですね。僕の動きにディフェンダーが引き付けられ、そこにスペースが生まれて他のプレイヤーが活きるので。チームメイトからも「ナイス!」と言ってもらえる。まさにラグビーの基本精神であるone for all, all for oneですね。

 

平日は営業マンとして働いているのですが、その時のミニハピもありました。レーザープリンターとか、重い荷物を搬入したときに「やっぱりラグビー選手だね!スゴイ力持ちだね!」と言われることです(笑)。

 

_DSC0753

 

 

走って相手を抜いた瞬間
「これだ!」って思った

 

ラグビーを始めたのは小4の時。地元・富士吉田のラグビースクールでした。色々なスポーツを試したんですけど、走ってトライしたときとか、相手を抜いた瞬間とか、「これだ!」って思ったんですよね。中学もラグビーを続けて、高校は県内で強豪の桂高校に進学しました。

 

そこで出会ったのが恩師の梶原宏之先生。

「己に勝て」の精神だとか、責任感、チームスポーツの中で自分がやるべきことだとか、そういったすべてを叩き込んでもらったと思います。大学に僕のプレーのビデオとか送ってくれていて。おかげで名門の関東学院大に入学し、結果、トップリーグ所属のリコーから声をかけてもらえたという今に、確実に繋がっています。

 

 

_DSC0682

 

 

_DSC0738

 

 

7人制ラグビー代表で膝の大ケガ。
正直、先が見えなかった

 

2013年には7人制ラグビーセブンズで日本代表に選ばれ、アジアセブンズシリーズ2013、仁川アジア競技大会2014で優勝。金メダルを持って帰ることができました。ただ、仁川大会の試合途中で膝の大けがをしてしまって…。初めて自分の身体にメスを入れる手術をし、2か月間くらいですかね、丸々入院して。

 

2014年は本当にラグビーができるのかわからないレベルでした。代表はおろか、チームの戦力にもなれない。リハビリもつらかったです。僕のポジションは走れてナンボみたいなところがあるので、それなのに膝のケガなんて…。だから不安しかなかったです。

 

2015年にやっとの思いで復帰できたときは心底嬉しかったです。
チーム内でもケガを乗り越えている人が多いですし、靭帯を4本切っていたり、何度も手術をしているレジェンドとか、膝神様のような人もいますよ(笑)。

ケガを乗り越えるのは自分ですが、家族や周囲のサポートがあったり、逆に冗談で「ナベ、終わったな」なんて言ってもらえて、絶対ここで終わらない、ラグビーを続けてまたピッチに立つんだ!という思いで復活できたと思っています。

 

_54A2980

写真提供 : リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)

 

_54A3026

写真提供 : リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)

 

_54A3781

写真提供 : リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)

 

_54A6583

写真提供 : リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)

 

 

ラガーマンでありリコーの社員。
「試合頑張って来いよ!」の声が嬉しい!

 

現在は、会社の皆さんに支えられて、ラグビーに集中できる環境です。入社当時は大変でしたよ。当然仕事を覚えるための研修もあるし、その後はチームの練習に合流ですから。自分でもトップリーグのレベルの高さを感じて、身体を鍛え直さないといけないと思ったし、肉体的にも精神的にもタフな期間でした。

 

ただ、職場の人や取引先のお客さんが試合を見に来てくれたり、上司も「週末の試合頑張って来いよ!」と送り出してくれたりもします。ラグビーに理解がある環境があるからこそ、仕事もラグビーも両立できる要因になっています。
その分、オフシーズンは仕事中心になるので、そこは普通のサラリーマン(笑)。個人練習をする人もいれば、リフレッシュしてシーズンを迎える人など個人に委ねられています。

 

僕はいったんオンとオフを分け、2016-2017シーズンに向けて集中力を高めていきたいですね。試合に出ることはもちろん、チームとしても成績をあげていきたい。もちろんジャパンも視野に入れてコンディションを作っていくつもりです。

 

_DSC0710

 

 

インタビュー 伊藤 紘子  / 撮影 臼田 尚史

渡邊 昌紀
No.071

リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams)

渡邊 昌紀さん

山梨県富士河口湖町出身。小学校からラグビーをはじめ、関東学院大学を経てリコーブラックラムズへ。ポジション:WTB。
7人制ラグビー日本代表として、アジアセブンズシリーズ2013、仁川アジア競技大会2014それぞれで金メダルに貢献。リオ五輪に向け、更なる活躍が期待される。

 

リコーブラックラムズ(RICOH BlackRams) 公式ホームページ

もしこの記事を気に入ってもらえたら、共有をお願いします!

おすすめのインタビュー

Others

インタビューの一覧を見る

お役立ち情報

Useful information

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

年収UPに必要なのは自分の強みを把握すること。 まわりを見渡してください。社内で給料が高い人は、自分の強みを活かしたアウ …続きはこちら

実はわたくし○○で…。転職経験者3名に聞いた転職理由

実はわたくし○○で…。転職経験者3名に聞いた転職理由

転職する上で大切なことの一つとして、「転職理由を明確にする」ということがあります。   「今の会社より忙しくな …続きはこちら

社会人になってから出会いが減った。そんなときに使ってみたい恋活サービス!

社会人になってから出会いが減った。そんなときに使ってみたい恋活サービス!

社会人になるとどうしても平日は自宅と会社の往復の毎日になりがち。 休日はと言えば、「家でゆっくりと休んで勤労疲れを癒した …続きはこちら

これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ~前編

これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ~前編

転職をご検討されている皆さん! 転職活動の手段にはどういったものがあるのか、ご存知でしょうか。 ここでは、転職活動を行う …続きはこちら

働き方はいろいろあるって聞くけど、どんな働き方があるの?

働き方はいろいろあるって聞くけど、どんな働き方があるの?

最近何かと話題になっている働き方。正社員や派遣社員、アルバイトやパート、フリーター、フリーランス、ノマド・・・ &nbs …続きはこちら

お役立ち情報の一覧を見る

Copyright © Minimum Happiness. All Rights Reserved.