転職経験者に聞いてみた!転職に踏み切ってよかったと思うこととは?

転職経験者に聞いてみた!転職に踏み切ってよかったと思うこととは?

転職経験者に「転職に踏み切ってみてよかった!」と思うことをお聞きしました。
転職しようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 

年収がアップした

 

転職経験者が「転職してよかった!」と感じることの中で特に多いのが、ズバリ「年収がアップした」ということ。

 

そもそも転職する人の目的として最も多いのが「年収アップ」。給与面の不満が転職に踏み切る大きなきっかけとなっているようです。

したがって、転職する際には給与面に重点を置くことが多く、その結果、年収がアップすることで「よかった」と感じているようです。

 

給与のアップの仕方やタイミングは人それぞれで、

  • 転職と同時に給与がアップした人
  • 転職後一定期間を経て給与アップした人
  • 持続的に少しずつ給与がアップしていった人

など様々です。

 

転職先を決める時には、給与額だけでなく、その会社の昇給制度や将来性にも着目することがポイントです。

 

 

社風がよく、居心地がいい

 

「社風や文化が自分に合っている!」という理由から「転職してよかった!」と感じている転職者も多く、また、人間関係が良好で、仕事に集中できるようになったという人も少なくないようです。

 

元の会社の職場環境が合わなかったり、人間関係に疲弊してしまったりして転職を決意した人は、やはり社風や職場環境に重きを置いて転職先を探します。

その後、希望通りの職場にできた場合に「よかった」と感じているようです。

 

さらに、社風や職場環境以外のことを重視して転職した人については、転職の経験を経て、自分に合っている会社の社風や文化を見極められたという意見もあります。

 

 

やりたい仕事に就けたのでやりがいを感じてがんばれる

 

「自分のやりたい業種・職種に就きたい」そう思い立って転職をした人は、自分の中に明確な目標がある人です。

 

 

したがって、自分が本当にやりたいと思っていた仕事に就くことで、よりモチベーション高く頑張れる傾向が強く、転職後に多少のギャップに直面しても乗り越えることができ、「転職してよかった!」と感じているようです。

 

 

基本的に、異なる業種や職種に転職する場合、給与面は下がることがほとんど。

さらに、一から覚えなくてはならないことも多いため、負担は大きく、より労力を要します。それでも、自分の望む仕事に就き、意欲的に取り組むことで成長を実感できたり、人間関係が発展するなど充実した仕事生活を体感できているようです。

 

転職の結果に満足している人の共通点は「転職の目的が明確である」ということ。

 

皆様も転職をされる際には、自分の転職の目的は何なのか、どういったことを重要視するのか、をきちんと自問した上で転職先を決めるとよいでしょう。

もしこの記事を気に入ってもらえたら、共有をお願いします!

その他のお役立ち情報

Useful information

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

年収UPに必要なのは自分の強みを把握すること。まわりを見渡してください。社内で給料が高い人は、自分の強みを活かしたアウト …続きはこちら

これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ 〜後編〜

これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ 〜後編〜

前回(これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ~前編)までは民間企業の提供する転活サービスを活用した転職活動の紹 …続きはこちら

出世する人はセルフブランディングよりもパーソナルブランディングに気を使う?!

出世する人はセルフブランディングよりもパーソナルブランディングに気を使う?!

もしあなたが出世を考えているなら、会社にとって価値がある存在になるべきです。   自分に必要とされているものは …続きはこちら

人脈ゼロ、25歳(無職)。こんな僕でも助成金をもらえる(…はず)

人脈ゼロ、25歳(無職)。こんな僕でも助成金をもらえる(…はず)

助成金とはどのようなものなのでしょうか。 助成金と補助金はどちらも国や地方から支給されるもので、「返済の義務なし」という …続きはこちら

社会人になってから出会いが減った。そんなときに使ってみたい恋活サービス!

社会人になってから出会いが減った。そんなときに使ってみたい恋活サービス!

社会人になるとどうしても平日は自宅と会社の往復の毎日になりがち。 休日はと言えば、「家でゆっくりと休んで勤労疲れを癒した …続きはこちら

お役立ち情報の一覧を見る

おすすめのインタビュー

Others

インタビューの一覧を見る
Copyright © Minimum Happiness. All Rights Reserved.