内藤 晴子

キッチン棚にオーガニックのパスタが並ぶ瞬間

テキスタイルデザイナー

内藤 晴子さん

あなたのミニハピを教えて

異国でマイノリティとして生活する不安と喜び

 

いつもだったら、2つで$1.00-のパスタを手に取るところを、奮発してオーガニックの手ごねパスタが選べるとき。そんな、日常に加わるプチ贅沢がうれしいんです。些細なことでも、生活の質が上がる≒仕事を頑張った結果だと思うから。

 

アメリカ・ニューヨークで生活して8年。こちらで生活するようになって特に、健康でいられること、何のトラブルもなく1週間過ごせたこと、そんな当たり前のことに幸せを感じるようになりました。日本の「当たり前」がない外国で生活しているから余計になのだろうと改めて思う一方、そういう年齢になったのかな? とも感じますが(笑)。

 

日本でキャリアを積んだテキスタイルの分野をベースに、テキスタイルデザイナー、ヘナアーティスト、レタッチャーと仕事の幅を広げつつ、今に至ります。現在どれも仕事として楽しんでいますが、同時に、不安と喜びや楽しみは常に隣り合わせで、感情のジェットコースターは動きっぱなし!

 

マイノリティとして生活することで見えることも多々あります。仕事をするにはまずビザが必要で、そのビザ取得は簡単ではなく、能力があっても就きたい仕事ができるとは限らない。医療費は高すぎて、おちおち風邪なんてひいていられない・・・。日本で生活していたときには感じたことのなかった、異国で生活するが故の不自由さがあるからこそ、幸せを感じるポイントが変わってきたのは実感します。

 

01-005

 

いい歳してまたゼロからスタートのジレンマ

 

日本では、テキスタイルの企画&営業をしていました。当時、デザインもしてみたいと思ったこともあったけれど、現実は難しかった。とはいえ、自分の仕事は存分に謳歌していました。企画が通ったり、売れるモノが創れたときはまさに仕事のやりがいを感じていたし、そこから更に欲も出ました。「もっともっと!私が、私が!」と、上昇志向むき出しでしたね、あの頃の自分は。

 

それが、30代半ばに差し掛かったとき、がむしゃらでなくなったんです。任される仕事は増えていたし、もっと喜んでいいはずだったのですが。このまま走り続けたら息切れしちゃうかもしれない、という不安だけが先走って。仕事は日々こなしていくものになりつつあり、結婚したいな、とか、趣味のサルサ・ダンスに没頭したり・・・気持ちが仕事以外の自分の内側に向いていきました。

こういう思いを抱えるって、多くの人が通る道なのかもしれないですけどね。特に働く女性は。

 

そんな心境の変化や身のまわりの変化も伴って、ニューヨークにやってきました。まっさらな状態、言ってしまえば、ゼロからのスタート。日本のキャリアを活かしたいとは思っていたけれど、それがどれだけ難しいことか痛感しました。仕事の内容はともかく、これまでと異なる環境の中で、生活していくことが精一杯でした。

 

 

01-007

 

 

 

「半人前」だからこその原動力。

日本での経験が武器にもなる

 

その後、ある程度時間はかかったけれど、ラッキーなことに、テキスタイルの図案スタジオが最初の職場となりました。かつてデザインしてみたいと思っていたので、素直にうれしかった。テキスタイルのキャリアがあるとはいえ、デザイナーとしてはひよっこ、アメリカの繊維業界では半人前。だからこそ、「もっと頑張らなきゃ」と謙虚な気持ちになれたのは確かです。

 

日本での経験が活かされることもありました。企画&営業で売れるモノを見てきたので、流行りの傾向がわかったり。だからと言って、私が描いたものが売れるかというと、そうではないのですが・・・(笑)。

 

あるとき、商品のスカーフが積まれていたのですが、その畳み方がすごく雑なことに気づいたんです。よく見てみたら、端と端をしっかり合わせていない。そりゃきれいにならないわけで、畳み方以前の問題・・・。が、しかし、私の常識&基準は日本の社会で得たものなので、それを何も言わずしてこちらに望んでも仕方がない。

 

どうしたら皆にわかってもらえるかと考えた結果、折り紙の文化がないからか? と、皆に折り紙を教えました。しっかり端と端をくっつけることから。皆、なるほどと思っていたようで、その後はいれいに畳まれたスカーフになりましたが、数日後には元通りに・・・。習性は1日にして成らずだと実感した瞬間でもありました。

 

 

01-009

 

 

「半人前」だからこその原動力。

日本での経験が武器にもなる

 

同じテキスタイルでも、アメリカと日本では市場が大きく異なります。特にニューヨークは世界のアパレルが集まることからも、市場が大きいうえに開けているため、何かのきっかけである作品が誰かの目につき、世に出ることは珍しくありません。日本で夢見ていたことがすぐ目の前にある環境にいられることは、貴重です。

 

実際、私にもそんなことが起こったのだから、びっくりです。自分がデザインしたものが、アメリカの女子プロテニス、ビーナス・ウィリアムズ選手のユニフォームに使用されました。世に出る作品だけが全てとは思わないものの、やはり実際目にすることができるのは、励みになります。

 

現在、テキスタイルから、ヘナ、レタッチと、仕事の幅を広げながらそれぞれを楽しんでいます。どれも「染め」という共通点があるみたい。日本でひとつの分野に対してがむしゃらに働いたこと、あれがあったからこそ今があるのは言うまでもありません。今後は、それぞれの仕事での可能性を無駄にせず、前向きに取り組んでいきたいです。日々の生活にちょっとした贅沢を取り入れていけるように。

 

01-011

インタビュー 巌 真弓  / 撮影 Mayuko

内藤 晴子
No.86

テキスタイルデザイナー

内藤 晴子さん

日本で美大卒業後、テキスタイルの会社に入社。10年以上繊維業界で働いた後、語学留学のためアメリカ・ニューヨークへ。その後、ニューヨークにあるテキスタイルデザイン会社に入社。2年勤めた後に結婚し、別のインテリア・テキスタイルの会社に転職。しばらくして会社がカリフォルニアに移転することになるが、ニューヨークに残ってフリーランスでテキスタイルデザインの仕事を始める。テキスタイルデザインの仕事のほか、パーティやイベントでHenna Tatoo Artの仕事も楽しんでいる。また、フリーランスで働く傍ら、現在は広告写真のリタッチ会社に勤務し経験を積んでいる。

もしこの記事を気に入ってもらえたら、共有をお願いします!

おすすめのインタビュー

Others

インタビューの一覧を見る

お役立ち情報

Useful information

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

無料でストレングスファインダーが受けられる?強み診断は年収UPに必須!

年収UPに必要なのは自分の強みを把握すること。まわりを見渡してください。社内で給料が高い人は、自分の強みを活かしたアウト …続きはこちら

デキる男はネクタイの締め方にもこだわる

デキる男はネクタイの締め方にもこだわる

あなたは適当にネクタイを締めていませんか。日本には、とりあえずビジネスの場でネクタイを締めてさえいれば良いという風潮があ …続きはこちら

20代後半のWEBデザイナー(女子)が考えるべき理想の転職とライフプラン

20代後半のWEBデザイナー(女子)が考えるべき理想の転職とライフプラン

現在、私はWebデザイナーとして勤務しています。20代後半にさしかかり、まさに今、転職しようか悩んでいるところです。 ど …続きはこちら

これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ 〜後編〜

これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ 〜後編〜

前回(これだけは知っておきたい!主な転職活動手段まとめ~前編)までは民間企業の提供する転活サービスを活用した転職活動の紹 …続きはこちら

ざっと知りたい!転職活動をはじめてから働きはじめるまでにやるべきこと 〜準備編〜

ざっと知りたい!転職活動をはじめてから働きはじめるまでにやるべきこと 〜準備編〜

そろそろ私も転職かな、と思っている皆様。転職活動をスタートさせてから実際に転職先で勤め始めるまで、一体どんなことをしてい …続きはこちら

お役立ち情報の一覧を見る

Copyright © Minimum Happiness. All Rights Reserved.